フィンテック

 

フィンテックとは何か?

 
FinTech(フィンテック)とは、Finance(金融)とTechnology(技術)を組み合わせた言葉で、金融サービスとIT(情報技術)を組み合わせた様々な革新的な開発を指します。よく知られている例としては、スマートフォンを使った送金が挙げられます。
 

フィンテックの歴史

 
米国では、FinTechという言葉は2000年代初頭から使われています。その後、リーマンショックや金融危機を経て、インターネットやスマートフォン、人工知能(AI)、ビッグデータなどを活用したサービスを提供する新しい金融企業が数多く登場しました。
 
例えば、貸し手と借り手が直接つながるサービスを提供する企業や、Eコマースと連動した決済サービスを提供する企業、決済などの金融サービスに参入するベンチャー企業などが増えています。
 

フィンテックの課題

 
しかし、世界的に見ると、2017年の世界の金融サービス産業に占めるフィンテックの割合は1%未満であり、Eコマースの10%、デジタルメディアの約40%と比較しても遜色ありません。
 
金融イノベーションに関する新たな取り組みを、既存の金融規制とどのように調和させることができるのかが見えにくいこともあり、まだまだ課題は多いといえるでしょう。
  
ホームへ

 
  
 
 
【PR】
 
 

FinanceJOURNAL|オススメのカード&ローン

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 


 

金融の理解に役立つLink

 

信販会社

 

カードローン

 

FXの理解に役立つサイト

 

クレジットカードの理解に役立つサイト

おすすめ記事

コストコで使える便利なカードはコレ!

クレジットカードでカンタン&お得にお買い物