FinanceJOURNAL|COLUMN

収入証明書とは?所得証明書がクレカ&カードローン審査に必要な理由

収入証明書とは?

 
収入証明書とは、本人が労働から得た報酬で納税をしている事を証明する書類のこと。
 

個人が借入れをしようとする場合において、①ある貸金業者から50万円を超えて借入れる場合、②他の貸金業者から借入れている分も合わせて合計100万円を超えて借入れる場合、のどちらかに当てはまると、「収入を証明する書類」の提出が必要です。
出典元:「収入を証明する書類」の提出が必要な場合があります(日本貸金業協会)

 
収入証明書として使える書類は、所得証明書・源泉徴収票・課税証明書・給与明細書などあり、提出先によって必要な書類が変わってきます。
 
所得証明書の種類
・ 源泉徴収票
・ 支払調書
・ 給与の支払明細書
・ 確定申告書
・ 青色申告決算書
・ 収支内訳書
・ 納税通知書
・ 納税証明書
・ 所得証明書
・ 年金証書
・ 年金通知書
 
所得証明書と給与明細は、雇用主・市町村役場・税務署で発行してもらえますが、書類によって発行できる期間が決まっているので確認が必要です。
 

収入証明書が求められる場所

 
カードローンでお金を借りる場合、本人確認書類と収入証明書を提出しなければいけません。
 
銀行カードローンと消費者金融どちらで借りる場合でも、50万円以下の借入希望金額であれば収入証明書が必要ない場合もあります。
 
収入証明書は、引越し・不動産購入・子供の保育園の入園など、さまざまなシーンで必要とされる書類であり、審査などの判断材料として使われています。
 
申し込み内容と実際の年収の差が大きい場合・職業が不安な個人事業主の場合・転職した場合などには、収入証明書の提出を求められる場合もあるので覚えておきましょう。
 
銀行カードローンや消費者金融は法律に基づいて、収入証明書を提出をしなければならないが、質屋はこれに当てはまらないので収入証明書が必要ありません。
 
カードローンでお金を借りる場合は、事前に本人確認書類と収入証明書を用意しておくのがおすすめ。
 

収入証明書の種類

 
収入証明書とは、自らの収入を証明する書類であり、代表的なものには「所得証明」「課税(非課税)証明書」「所得・課税(非課税)証明書」「源泉徴収票」などの種類があります。
 
書類によって市区町村役場と勤務先から発行されほか、自治体によっては所得証明書をコンビニ発行できる地区もあります。
 
収入証明書の種類によっては、発行に時間がかかってしまう事があるので事前に発行し、準備しておくようにしましょう。
  

 

FinanceJOURNAL|おすすめのカードローン

 
今すぐお金が必要なアナタには、審査がスピーディーで最短即日融資が受けられる「カードローン」の利用がオススメです。以下の記事では、FinanceJOURNALで人気のカードローンを紹介しています。
 
FinanceJOURNAL編集部|人気のカードローン特集
 
このほか事業費など、ビジネスローンを今すぐ借りたいアナタには、以下の記事がオススメです。借入と返済のシミュレーションを立てて計画的にローンを活用しましょう。
 

PROMISE(プロミス)

 

 
PROMISE(プロミス)は、「安心」「便利」「早い」の三拍子を求めるアナタにピッタリのカードローン。審査は最短30分、申込みから最短即日での融資に対応しています。
 
また24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちの方は、最短10秒で振込可能な「瞬フリ」も利用OK。スマートフォンからのお申込みの場合、事前審査が最短15秒で完了します。
 
メールアドレスを登録してWeb明細を利用すれば、キャッシング初回利用翌日から30日間無利息で利用可能。申込み・借入・返済がカードレスで手続きできます。
 
契約日ではなく、初回利用日の翌日から30日間は無利息なので、すぐに借りる予定がない方も安心ですね(無利息期間中は、何度利用しても利息は発生しません)。
 
新規契約の場合、最大融資額は50万円となります。また専用アプリを使えば『無人契約機』に行かなくても、必要な時に24時間いつでもお金を借りることができます。
アプリローンは、借りた後も返済計画を立てやすく、便利に使い続けることができます。
 
プロミス

カード名 PROMISE(プロミス) 借入限度額 1万円〜500万円
金利 4.5%〜17.8% 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 WEB完結
無利息機関 最長30日
申込時の年齢 満20歳〜69歳
申込資格 満20歳以上、69歳まで。本人に安定した収入がある方。 資金使途 生計費に限る
申込方法 インターネット、携帯サイト、フリーコール、無人契約機、店頭窓口 土日審査
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 返済方法
繰上返済 無料 遅延損害金 20.0%
社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 登録番号 関東財務局長(13)第00615号
個人信用情報機関 日本信用情報機構
シーアイシー 
即日融資のおすすめ度 ★★★★★
(大変おすすめ)


またスマートフォンやPCから全ての手続きが完結する「WEB完結」も人気です。  『PROMISE・プロミス』最新のキャンペーン情報は、以下公式サイトで確認してください。 
  
申し込みはコチラ
  

アイフル|生計費・事業費用として利用可能

 
アイフルは、利用限度額が50万円以下、または他社を含めた借入総額が100万円以下の場合、原則として収入証明書の提出は必要ありません。
 
利用限度額が50万円を超える場合、または他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合は、源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要となりますが、上の条件であれば収入証明書なしで審査が受けられるのはうれしいですね。
 
お急ぎの方は、インターネットでお申し込み後、フリーダイヤルに電話いをすると、審査時間を短縮することができます(受付時間:9:00~21:00)。
 
アイフルでは、銀行振込での借入がおすすめ。銀行振込であれば24時間365日利用でき、振込回数に制限はなく最短即日振り込まれるので便利です。
 

 
アイフル

カード名 アイフル キャッシングローン 借入限度額 1万円〜800万円
金利 3.0%〜18.0% 審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日 WEB完結
無利息機関 最長30日
申込時の年齢 満20歳〜69歳
申込資格 満20歳以上、69歳まで。本人に安定した収入がある方。 資金使途 自由
ビジネスローンとして利用可
申込方法 インターネット、来店(自動契約機)、電話 土日審査
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング 返済方法
繰上返済 無料 遅延損害金 20.0%
社名 アイフル株式会社 登録番号 公式サイト参照
個人信用情報機関 公式サイト参照 即日融資のおすすめ度 ★★★★★
(大変おすすめ)

   
『アイフル』最新のキャンペーン情報は、以下公式サイトで確認してください。 
  
申し込みはコチラ
 

 
  
 
 
【PR】
 
 

FinanceJOURNAL|オススメのカード&ローン

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 


 

金融の理解に役立つLink

 

信販会社

 

カードローン

 

FXの理解に役立つサイト

 

クレジットカードの理解に役立つサイト

おすすめ記事

コストコで使える便利なカードはコレ!

クレジットカードでカンタン&お得にお買い物