FinanceJOURNAL|COLUMN

クレジットカードとカードローン違いは?キャッシングで失敗しないコツ

 

 

キャッシングとは?

 
「キャッシング」とは、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使い、ATMでお金を借りることを意味します。
 
クレジットカードのキャッシング枠が10万円であれば、上限10万円までお金が借りられるということです。
 
クレジットカードに付帯するショッピング枠、キャッシング枠の金額は、クレジットカード審査の結果によって決まります。
 
信用情報の内容によって、同じ職種の方でも他社での借入状況や過去の返済状況、年収などによって、借り入れできる金額やショッピングできる金額は変わってくるのです。
 
なおクレジットカードのキャッシングは、カード発行時に一緒に申し込む方法のほか、クレジットカードの発行後、追加でも申し込みできます。
 

キャッシングのメリットとデメリット

 
クレジットカードキャッシングのメリットは、必要な時にすぐ借りられるほか、審査不要で海外においても利用できる(提携ATMにてキャッシングできる)点にあります。
 
クレジットカードキャッシングのデメリットは金利が高く、限度額が低いことです。実際にカードローンと比較すると、キャッシングは金利が高いので借りすぎには注意が必要です。
 

キャッシングの限度額

 
キャッシング限度額は、カードローンは最高1,000万円近い者もありますが、キャッシングは100万円までと全体的に低く設定されています。
 
急にお金が必要になった場合は、審査の必要がないクレジットカードキャッシングがおすすめです。
 
クレジットカードキャッシングの利用枠は(カードローンに比べて)少ないですが、追加審査が無いことにメリットを感じる方は多いでしょう。
 
なお「長期的借入」については、クレジットカードキャッシングよりもカードローンのほうがおすすめです。
 
キャッシングの場合は、カード会社によって年会費がかかるのですが、カードローンは年会費無料で利用できます。
 
クレジットカードの種類によって年会費はかかりますが、カードローンは基本的に年会費無料で利用できます。
 
クレジットカードはショッピング目的で発行することがほとんどなので、ショッピング利用枠がメインでキャッシング利用枠はメインではありません。
 
カードローンにはショッピング枠は付帯しません。キャッシング限度額は、カードローンのほうが大きく利息もカードローンは低金利なものがおおいです。
 
□ カードローンとクレジットカードキャッシングの違い
 
キャッシングをするには、カードローンを使うのと、クレジットカードの付帯キャッシング機能を使う2つの方法があります。
 
カードローンとは、借入専用のサービスでお金を借りるためだけのサービスです。
 
これに対しクレジットカードキャッシングは、ショッピングでカードを使って支払いをするだけではなく、ATMでキャッシング機能を使いお金が借りられるサービスです。
 
クレジットカードには付帯保険やETCカードなどのサービスがあります。またクレジットカードであれば、利用額に対して一部ポイントなどの還元が受けられます。
 
申し込み可能な年齢は、カードローンが20歳以上で学生不可。クレジットカードは18歳以上で学生でも発行可能なものがあります。
 
クレジットカードに付帯しているキャッシングであれば、同じカードでショッピングもできるが、カードローンはお金を借りることしかできません。
 

キャッシング審査

 
カードローンの場合、信用情報(他社での借入、返済状況、年収など)を審査されますが、キャッシング機能の付帯したクレジットカードであれば、追加の審査は必要ありません。
 

キャッシングの返済方法

 
キャッシングの返済方法ですが、カードローンは分割支払いなのに対して、キャッシングの場合は翌月一回払いか定額リボ払いのみとなっている点に違いがあります。
 

キャッシングの選び方

 
カードローンのほうが審査条件は厳しいですが、借りられる金額の限度額も大きく低金利なので、返済負担は少なく済みます。
 
このため「お金を借りる」ことがメインであれば、カードローンの利用がおすすめです。またすでにクレジットカードをお使いの方でも、別にカードローンへ申し込みできます。
 
ローンの借入方法や、返済方法は都合に合わせて選ぶことができるので、無理のない返済計画を立てましょう(ローン審査前に相談もできます)。
 

FinanceJOURNAL|おすすめのカードローン

 
今すぐお金が必要なアナタには、審査がスピーディーで最短即日融資が受けられる「カードローン」の利用がオススメです。以下の記事では、FinanceJOURNALで人気のカードローンを紹介しています。
 
FinanceJOURNAL編集部|人気のカードローン特集
 
このほか事業費など、ビジネスローンを今すぐ借りたいアナタには、以下の記事がオススメです。借入と返済のシミュレーションを立てて計画的にローンを活用しましょう。
 

PROMISE(プロミス)

 

 
PROMISE(プロミス)は、「安心」「便利」「早い」の三拍子を求めるアナタにピッタリのカードローン。審査は最短30分、申込みから最短即日での融資に対応しています。
 
また24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちの方は、最短10秒で振込可能な「瞬フリ」も利用OK。スマートフォンからのお申込みの場合、事前審査が最短15秒で完了します。
 
メールアドレスを登録してWeb明細を利用すれば、キャッシング初回利用翌日から30日間無利息で利用可能。申込み・借入・返済がカードレスで手続きできます。
 
契約日ではなく、初回利用日の翌日から30日間は無利息なので、すぐに借りる予定がない方も安心ですね(無利息期間中は、何度利用しても利息は発生しません)。
 
新規契約の場合、最大融資額は50万円となります。また専用アプリを使えば『無人契約機』に行かなくても、必要な時に24時間いつでもお金を借りることができます。
アプリローンは、借りた後も返済計画を立てやすく、便利に使い続けることができます。
 
プロミス

カード名 PROMISE(プロミス) 借入限度額 1万円〜500万円
金利 4.5%〜17.8% 審査時間 最短30分
融資スピード 最短即日 WEB完結
無利息機関 最長30日
申込時の年齢 満20歳〜69歳
申込資格 満20歳以上、69歳まで。本人に安定した収入がある方。 資金使途 生計費に限る
申込方法 インターネット、携帯サイト、フリーコール、無人契約機、店頭窓口 土日審査
返済方式 残高スライド元利定額返済方式 返済方法
繰上返済 無料 遅延損害金 20.0%
社名 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 登録番号 関東財務局長(13)第00615号
個人信用情報機関 日本信用情報機構
シーアイシー 
即日融資のおすすめ度 ★★★★★
(大変おすすめ)


またスマートフォンやPCから全ての手続きが完結する「WEB完結」も人気です。  『PROMISE・プロミス』最新のキャンペーン情報は、以下公式サイトで確認してください。 
  
申し込みはコチラ
  

アイフル|生計費・事業費用として利用可能

 
アイフルは、利用限度額が50万円以下、または他社を含めた借入総額が100万円以下の場合、原則として収入証明書の提出は必要ありません。
 
利用限度額が50万円を超える場合、または他社を含めたお借入総額が100万円を超える場合は、源泉徴収票などの収入証明書の提出が必要となりますが、上の条件であれば収入証明書なしで審査が受けられるのはうれしいですね。
 
お急ぎの方は、インターネットでお申し込み後、フリーダイヤルに電話いをすると、審査時間を短縮することができます(受付時間:9:00~21:00)。
 
アイフルでは、銀行振込での借入がおすすめ。銀行振込であれば24時間365日利用でき、振込回数に制限はなく最短即日振り込まれるので便利です。
 

 
アイフル

カード名 アイフル キャッシングローン 借入限度額 1万円〜800万円
金利 3.0%〜18.0% 審査時間 最短25分
融資スピード 最短即日 WEB完結
無利息機関 最長30日
申込時の年齢 満20歳〜69歳
申込資格 満20歳以上、69歳まで。本人に安定した収入がある方。 資金使途 自由
ビジネスローンとして利用可
申込方法 インターネット、来店(自動契約機)、電話 土日審査
返済方式 借入後残高スライド元利定額リボルビング 返済方法
繰上返済 無料 遅延損害金 20.0%
社名 アイフル株式会社 登録番号 公式サイト参照
個人信用情報機関 公式サイト参照 即日融資のおすすめ度 ★★★★★
(大変おすすめ)

   
『アイフル』最新のキャンペーン情報は、以下公式サイトで確認してください。 
  
申し込みはコチラ
 

 
  
 
 
【PR】
 
 

FinanceJOURNAL|オススメのカード&ローン

NEW ARTICLE

新着記事

[%new:新着%] [%title%]

 


 

金融の理解に役立つLink

 

信販会社

 

カードローン

 

FXの理解に役立つサイト

 

クレジットカードの理解に役立つサイト

おすすめ記事

コストコで使える便利なカードはコレ!

クレジットカードでカンタン&お得にお買い物